あやしいわーるど@蛭ヶ岳

おすすめLinuxディストリビューション

更新: 2020/08/21

管理人がおすすめするLinuxディストリビューションを紹介します。
おすすめサービス、アプリはこちらで紹介しています。

本ページは各Linuxディストリビューションの安全性・可用性等を保証するものではございません。
ご利用はご自身の責任で行って下さい。

目次

Lubuntu(ルブントゥ)

使いやすい軽量版Ubuntu

公式サイト: https://lubuntu.me/

対応プラットフォーム: x64, Raspberry Pi(旧バージョン)

スクリーンショット
Lubuntu 20.04 LTS

Lubuntuは有名なLinuxディストリビューション「Ubuntu」の公式派生版です。
デスクトップ環境に「LXQt(バージョン 18.10から)を採用しており、メモリ消費量・CPU負荷が抑えられている事が特徴です。
環境にもよりますが、デスクトップ環境に「GNOME」を採用した本家Ubuntuは起動直後に1GB程度もメモリを消費するのに対し、Lubuntuは起動直後に300MB台しか消費しません。
10年前のPCやネットブックでも快適に動作します。
軽量であるにもかかわらず、基本的な機能や使いやすさは犠牲になっていません。LXQtのタスクバー/メインメニュー(スタートメニュー)はWindows 98や2000と使用感が似ています。

同じくUbuntuの軽量な公式派生版である「Xubuntu」もおすすめです。

CentOS(セントス、セントオーエス)

サーバに最適な安定したLinux

公式サイト: https://www.centos.org/

対応プラットフォーム: x64

スクリーンショット
CentOS 8(SSH接続、一部加工)

CentOSは業務用Linuxディストリビューション「RHEL(Red Hat Enterprise Linux)」のクローンであるLinuxディストリビューションです。
メジャーリリースのサポート期間が長く、充分にテストされたパッケージにより安定して動作するため、サーバ用途としてよく利用されています。
蛭ヶ岳@自宅のサーバもCentOSで動作しています。
ただ、デフォルトのデスクトップ環境をインストールして使用するには、若干使い勝手が悪い気がします。(好みや用途にもよると思いますが)

RedHat系ディストリビューションで最機能をいち早く試したい開発者やアーリーアダプタには「Fedora」をおすすめします。